<< パワーストーン賢い選び方 | main | パワ−ストーンの浄化と注念方法 >>

スポンサーサイト

0
    • 2012.10.12 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    パワーストーンの相性について

    0
       
      パワーストーンには「相性」があって、相性がよくないとか組み合わせが悪いと、「悪い事が起きたり、悪い方向に向かう」ということを書いているショップも見かけますがほんとうでしょうか?パワーストーンが好きな人は、石をいっぱい持っている人が多く、石に「相性」があると言われれば、心配になるのが当然です。

      他人がつけていた石にはその人の「念」や「感情」が入っている場合も考えられますが本来天然石には「争い」「妬み」というような感情エネルギーは存在しません。

      むしろ残念なのは、石との相性を気にしすぎて、それが石に「悪い影響」を与えてしまうことです。「この石とあの石は相性が悪い」そのような「考えや感情」が強まれば、そのエネルギーが石に埋め込まれることになります。そうやって「相性」という片寄った想念(エネルギー)を石に与えてしまい、それが結果として、「相性」を作り出してしまうことになります。
      パワーストーンはそれほどまでに、回りのエネルギーを受けやすい存在なのです。そうなると、パワーストーン本来のエネルギーを失ってしまいます。

      石は自然の摂理に基づいて長い年月を経てこの自然界に存在しています。ある石が私達の前に現れるまでは、石のエネルギーはプラスでもなく、マイナスでもなく、「純粋な自然界のエネルギー」です。「争い」「怒り」「いがみ合う」というような感情エネルギーを持つのは、私たち人間だけです。また、長い歴史の中で私達人間の勝手な解釈でまったく反対の相性となった石も存在します。したがって、「純粋なエネルギー」として存在している石には、人間との「相性」が入ってくる余地はないと考えるのが自然ではないでしょうか。

      気に入ったパワーストーンが手に入ったら素直に喜びを分かち合うという気持ちで触れ合ってみてはどうでしょうか。古来より石のパワーを自己内面に吸収したいときは左手に、石のパワーを外へ放つときは右手につけるとよいとされます。タイガーアイを例に挙げますと普段は左手につけて石のパワーを自己内面にもらい、いざ交渉ごとやギャンブルなどに望むときは右手につけるというやり方です。

      私達人間の感情のあやに左右されず、自然体で石と仲良くするということが石と付き合う上で一番よい方法だと思います。

      パワーストーンと仲良く付き合えるショップです。お暇な折ご来店いただけたら幸甚です。

      パワーストーンブレスレットとアクセサリー 千和堂

      スポンサーサイト

      0
        • 2012.10.12 Friday
        • -
        • 13:31
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << November 2020 >>
        PR
        四神水晶&オニキス ブレスレット 1,880円
        四神水晶&オニキス ブレスレット

        インカローズコンビブレス 2,380円
        インカローズ&ローズクォーツ&クリスタル

        サードオニキス&ローズクォーツブレスレット 1,680円
        サードオニキス&ローズクォーツブレスレット

        selected entries
        categories
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM